最終更新:2016.02.08

ブレフロキャラ名鑑 File5:セリア

物語を盛り上げる登場人物たち!

クエスト第二章「イシュグリア」編の最終章が間近(2月予定)に迫る今日この頃。

本シリーズ「ブレフロキャラ名鑑」では、ストーリーを盛り上げるキャラクターひとりひとりにスポットをあてて、これまでの歩みを振り返ります。

キャラ名鑑
→ルジーナ編はこちら


キャラ名鑑
→パリス編はこちら

キャラ名鑑
→グラデンス編はこちら


キャラ名鑑
→オーン編はこちら

第五弾は、召喚師セリア。喜哀楽豊かな彼女との出会いから現在までを振り返っていきます。

ストーリーにおけるセリア

セリア

セリア/23歳/魔神討伐隊

紅の罵声女剣士。

これまでに何度、彼女に「バカ」という単語を浴びせられたか…。
出会った時から喧嘩腰で、いつも眉毛をつり上げた怒り顔…良い意味でも悪い意味でも、ブレフロを始めて間もないプレイヤーにもっとも強烈な印象を残す存在ではないでしょうか。

そんな強気なところも魅力的(?)ではありますが、物語が進んでいくと時折見られるようになる“デレ”の部分はより重要でしょう。顔を真っ赤にして照れながら本音をこぼしてくれる姿は、「やっと罵声から解放された…」という気持ちとともに、「これならまた罵声をあびても良いかな」という気持ちにさせてくれます(※個人差有り)。


セリア

過去の事件(チームの仲間が全滅した)以来、他人との間に壁を作るようになってしまった彼女ですが、それは根が真面目すぎるが故なのでしょう。
「いつでも真剣」なため、ついつい熱くなってしまうようで、ティリスと会う度、些細なことで口喧嘩(バトルに発展も)していました。ただ彼女らはまさに“ケンカするほど仲が良い”の見本で、お互いにどんどん理解し合っていくのが見ていて微笑ましくもありました。


セリア

そして、ストーリークエスト第一部「四堕神編」のラスト、“ティリスと別れる際の会話”で胸が熱くなった人は少なくないのではないでしょうか。
こういう場面で心の内をストレートに言葉にできる点も、彼女の魅力の一つ。ある意味、同じ属性のオーンの女版と言えなくもないですが…。


セリア

それから冒険の舞台がイシュグリアへと移ると、見た目と雰囲気が変わり、会話や話し方からはどこかすっきりとしたような印象を受けます。

「ちょっと色々とあってね。」と話す彼女ですが、その余裕を感じさせる態度は、出会った頃とは比較にならないほど様変わりしており、大きな成長を伺うことができるでしょう。なにがあったセリア……
→ほかにも、「今の私があるのは、仲間たちのおかげ」と過去を振り返る彼女は、格好いい大人の表情をしていました。


セリア

また、イシュグリアでの“女神モーラ”との出会いも、セリアを語る上で外せないポイント。

ヒトを愚かな存在だと忌み嫌うモーラも、唯一セリアに対してはどこか好意的で、「あなたから感じた不思議な何か…(中略)…それは慈愛の心…。」と評しています。なるほどそういう見方・捉え方ができるのかと、貴重な魔神からの意見に納得です。


セリア

ストーリーは、モーラによって“封印の地・メノン”への道が開き、ティリスがようやく合流していつものメンバーが揃った状況ですが、まだまだ問題は山積み。クライマックスでセリアはどう考え、どう行動していくのか。最後に彼女は笑えるのか……

ティリスに再会したときのように、

バカーーーーー!!

と大文字で明るく罵ってくれるのを期待しています…!


セリア

ちなみに、アリーナを進めることで「セリアがアリーナにこだわる理由」を聞くことができます。
ストーリーの本筋にはあまり関係ありませんが、セリアファンなら頑張ってアリーナを進めて見てみることをオススメします。

ユニットとしてのセリア

セリアの力を模した疑似ユニット孤高の剣士セリア孤高の剣士セリアは、フロンティアハンターの探索報酬(HR6)で入手できます。

また、★6への進化素材である紅魂晶紅魂晶は、グランドクエスト:紅き鬼神の叫びをクリアすることで手に入ります。

現在は★7煌華の神陽姫セリア煌華の神陽姫セリアまで進化が可能で、エストリアのEXダンジョンEX封覇の祭壇「鬼神が望む力」をクリアすることで、進化素材である紅輝英晶紅輝英晶が手に入るようになっています。


煌華の神陽姫セリア
煌華の神陽姫セリア煌華の神陽姫セリア

【LS:炎陽姫神の波煌】
全てのユニットの攻撃力・防御力を40%アップ&HC獲得時の回復量を大幅にアップ&被ダメージ時、確率でHPを回復&BB発動時のBBゲージ消費量を大幅に軽減

【EXスキル:本質へと至る麗瞳】
BB及びSBBに「確率でスパークダメージ耐性を2ターン低下」を追加&HPが半分以上の時、攻撃力・防御力・回復力をアップ

【BB:ロードナイトブレイザー】
敵全体に炎属性19連ダメージ&3ターン、ターン終了時に追加ダメージ&3ターン、自分の攻撃力・防御力・回復力をかなりアップ&味方全体に3ターン、スパークダメージをかなりアップ

【SBB:レーヴァテイン・グレイス】
敵全体に強力な炎属性23連ダメージ&3ターン、ターン終了時に追加ダメージ&自分のHC出現率をアップ&味方全体に3ターン、スパーク時、確率でBBゲージを少し増加・ダメージを大幅にアップ

【UBB:麗熾虹『セラフィム』】
敵全体に超強力な炎属性27連ダメージ&3ターン、ターン終了時に超強力な追加ダメージ&攻撃力を2ターン超絶低下&自分のHC出現率をアップ&味方全体に3ターン、攻撃力・防御力・回復力を超絶アップ

LSは、HPが上昇しないので耐久力は低めですが、代わりにHCによる回復量の上昇や、被ダメージHP回復、BBゲージ補助と便利な効果が多く付いています。なので、耐久をそこまで気にしなくてもいい場面では、リーダーとしても活躍できる性能を持っていると言えるでしょう。

EXスキルは、まずBB/SBBに「確率でスパークダメージ耐性を2ターン低下」効果を追加してくれるので、ダメージアップが狙えます。また、「HPが半分以上の時、攻撃力・防御力・回復力をアップ」と、ある程度元気であれば自身がパワーアップできるので、特に自分のターンでは彼女を回復させてからBBを撃つなりすると、ダメージを多く与えられるでしょう。

BBでは、自分のみですがステータスをかなり上げることができます。追撃効果も付与できる点もナイスです。

SBBは、「自分のHC出現率をアップ」でHP回復を補いつつも、スパークによるダメージアップ効果、さらにはスパークによるBBゲージ増加効果で、全体のBB回転率を高めてくれます。
BBと内容が少し違いますが、SBBにも追撃効果はあるので、基本的にはSBBを撃つようにし、ステータスアップは他のパーティユニットに任せるのが良いでしょう。

UBBの注目部分としては、「超強力な追撃効果」と「攻撃力を2ターン超絶低下」でしょうか。どちらもなかなかに貴重な効果なので、特に高難易度のボス戦などで活躍してくれると思われます。
もちろん、「HC出現率をアップ」によるHP回復効果や、「味方全体の攻撃力・防御力・回復力を超絶アップ」も強力ですし、ピンチ時でも役立つでしょう。

どちらかというと、サブで活躍するユニットという印象ですが、炎属性縛りなどのクエストではリーダーになれる素質もあるでしょう。
どちらにしても、SBBの「スパーク時、確率でBBゲージを少し増加・ダメージを大幅にアップ」と「自分のHC出現率をアップ」効果は使ってみると便利ですし、UBBでは面白い効果も多く持っているので、なかなかに魅力的なユニットだと言えます。

コメント

個人差有りにクソ笑ったww -- 2016/02/22 16:20

ブレフロの薄い本出てるよねえ? -- 2016/02/09 18:23

早く誰か薄い本書いてくんねえかな… -- 2016/02/09 01:39

セリア若いなぁ -- 2016/02/08 21:21

送信

※他ユーザーへの誹謗、わいせつな言葉、その他不適切なコメントは削除されることがあります。